EARTH

2009年7月22日

多くの人たちが歴史的気象現象に心弾ませ、思いを寄せた場所に足を運んだ。

が・・

人の心と空には雨雲が・・・

しかし、

思い通じたのか、雲の隙間から歴史的気象現象を見ることが出来た人たちがいる。

↓友人が瞬間を撮らえた。(at 土佐山田)
image011.jpg

↑写真が送られてきたとき、皆既日食そのものより、友人が撮ったいう事実の方に感動しました。

同じ日本に居ながら、
多くの人々を感度させた歴史的気象現象とは、
違った、悲しい気象現象が少し前に起こっていた。
山口県での大雨による土石流。
(亡くなられた方のご冥福をお祈りし、行方不明の方のご無事を祈り、また、早期の復旧をお祈りいたします。)

二つの気象現象でただ一つ共通していることは、
どちらも、
我々のコントロールできないものということである。
あったりまえのことだが!

それを思うとき!・・ならば

せめて、
与えられた、時間の流れの中で、コントロールできるもの、やるべきもの。
それらをしっかりやるために、最大限の努力をするべきではないかと感じます。

ちっちゃなことからでも!

こんなことを、
心の片隅で考えさせてくれた↓
200907222324000.jpg

MICHAEl JACKSON

EARTH SONG

ちっちゃなことを確実に行うことで、(当然、社会的正義に反しない行為)
地球や家族そして自分を守れるはずです。

19日(日)
ビーチクリーンに参加しました。

1時間弱でしたが、ビーチクリーン後の参加者の顔は爽やかな笑顔につつまれていました。
200907190744000.jpg
200907190744001.jpg


ちっちゃな事でもしっかりやり遂げると、次への行動の一歩が軽く前向きなものになります。
200907190800000.jpg


そんなことを感じさせてくれた、
サーフィンと
この機会を与えてくれた友人たちに

感謝です。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。