感動する出来事がある日

17日(土)朝、まず見ることのない、新聞の「今日の運勢」欄にホントにたまたまって言うより奇跡的に焦点があった!
9月生まれ⇒感動する出来事がある日
ふ~ン!って感じで気にもせずに1日がスタートしました。
そして~~
仕事も終わり昼食をすませた2時半ごろ外出の準備をしていると、『9月生まれ⇒感動する出来事がある日』のスタートを知らせる着信音が鳴りました。
後輩からの電話で「昨夜、弟が高知に来ましたから今から伺います」っと!
実は、後輩の弟とは一度も会ったことなく、ただただ緊張が体中に走りました。
何故なら、後輩の弟は現在、ゴールドスミスカレッジ・ロンドン大学学院、MFA (Master of Fine Art)に在籍しており、その世界では注目されている若手芸術家です。
その彼が4年ぶりに日本へ一時帰国し高知に住んでいる兄を訪ねてきたのです。

実は、彼とはBlog(後輩からの紹介で)を通じてメールのやり取りで知り合った仲で、声も聞いたことがなく、オレやオレの家族の頭の中での想像の人物になっていたのです。。
彼のBlogを初めて見たのは2年半くらい前で、オレにとって別世界的Somethingを感じさせる衝撃があり、読むたびに血管にまったく違った血液が流れ込むような感じがして、鳥肌もんでいつも見ていました。ですから、コメントをしようと思ってもなかなか勇気が湧かず、「よしツ!今日こそは」とPCの前に座りはしたものの、キーボードを打つ指が動かなかったりしてコメントすることが出来ないまま2年以上が経過しました。それが今年6月の彼のBlogをきっかけに勇気だしてコメントをしたことから、メールのやり取りやお互いのBlogでのコメントのやり取りで、オレやオレの家族なかで、またまたすごい想像の人物となっていきました。

「この日が来ることを家族全員でホントに楽しみに待っておりました。」

そして会ってビックリ!
風貌はイメージとは少し異なりましたが、想像以上に身体から溢れるものにはオーラを感じさせ、そして暖かさを感じさす、とても×2素敵な青年でした。

彼との2ショット↓
200910171625000.jpg

4年間も日本を離れていると、我々日本に住んでいる者では慣れきっていてほとんど感動することなど忘れいる、日本の良さに感動する話をしてくれました。
たちえば、コンビニやGSの店員さんの愛想の良さ、走っている車の綺麗さ、そして何日も続く秋晴れ!イギリスでは青空が続くことは殆どなく、いつも曇りがちで小雨の降る日が多いらしく、いざ晴れるとミンナのテンションが上がり、公園などに集まるらしい。そんな話を聞いているとあらためて日本の良さや住んでいることの有難さを感じさせられました。

1時間半ほどしゃべり、彼もまたサーファーなので、翌日一緒にサーフィンをする約束をし別れました。

そして翌日、彼の兄や仲間たちとサーフィンやうどん屋さんで盛り上がり、今回の初対面は終了となりました。
200910181531000_20091020000059.jpg

今回の一時帰国では日本の大学での講演なども依頼されており来年1月くらいまで日本に滞在するらしく、また一緒にサーフィンなど出来ることを楽しみにしています。



土曜日のもう一つの感動する出来事は↓
200910172045000_20091020000142.jpg

中華料理「彩華」にて、初めて「上海蟹」をご馳走になりました。
味が濃厚でめっちゃくちゃ美味しかったです。ありがとうございました。





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。